受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

名大生の一日

おすすめの自炊

みなさんこんにちは、名大工学部新3年の塚本です。今回ははじめての自炊について書いていこうと思います。自粛生活で散々自炊をしていた私ですが、最初は右も左も分からず、失敗してはその不味さに泣きそうになりながら食べることもありました。そんな中で色々考えたことを書いていこうと思います。はじめて自炊をする方に読んでもらえたら嬉しいです。

 

まず、食材を買いに行くうえで意識するようになったのが「やりくりのしやすさ」です。これを作りたい!と決めて買い物をすると、外で食べるよりもかえって高くついてしまうことがあります。自炊の良さは安く作れる事だと思います。何を食べるか、だけではなく、使い回しのきく食材かを考えます。例えば、卵、キャベツ、鶏胸肉、ベーコンなどは調味料や調理の仕方次第で、色んな料理にすることができ、とても使い回しがききます。鶏胸肉は1食分に切って冷凍して使い回します。初めは鶏胸肉を中心にした料理を考えてみると自然と使い回しやすくなるのではないでしょうか。

 

 そして、レパートリーを豊富にする上で必要なのが、味付けの組み合わせを色々試して覚えることです。色んな味付けが出来るようになると、材料は同じでも味付け次第で全く違う料理を楽しむことができたり、材料が不揃いでもあり物で賄ったり出来るようになります。最初の味付けでおすすめなのが、しょうゆとみりんの組み合わせです。これは和食の基本的な味付けで、これさえあれば当分はどうにかなるかなと思います。また、めんつゆなどもオススメです。おかずの味付けだけでなく、お吸い物に使えたりもします。少し味に飽きてきたら、風味の違うだしを買ったり、ごま油やオリーブオイルを足してみたり、ちょっと変わり種の調味料を少しずつ増やしていくのがオススメです。

 

最後に、これらを踏まえて、調理しやすく、使い回しやすい、自炊にぜひ挑戦してみてください。色んなメニューが作れるようになるとますます自炊を楽しめるようになるのではないでしょうか。