受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

わたしの受験勉強法

塾に行く?行かない?

はじめまして。文学部1年生の堀聡音(さとね)です。

受験を控える皆さんは、一度はこれを考えたことがあると思います。

今回はそこで、皆さんが、塾に行く・行かないを判断する手助けに少しでもなれるように、私の体験を踏まえてこの記事を書かせていただきたいと思います。

 

まずは、私が感じた塾のメリット・デメリットについて紹介します。メリットとしては、自習室が使えて勉強に集中しやすい・学校では教えてもらえない理解の仕方を教えてもらえる・一緒に頑張る友達を作りやすい、などが挙げられると思います。また、塾の先生の方が年齢が近いことが多いので、質問しやすいというのも塾の良いところだと思います。デメリットとしては、他人と長時間を過ごすことがストレスになりやすい・自分のペースで勉強を進めにくい・自由時間が減る、という点が挙げられるでしょう。最近は「授業をしない塾」というものもあるので、全ての塾でこういったメリット・デメリットが当てはまるとは限りませんが、少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

ここで、私の場合を少し書かせていただきます。私の高校時代は、塾に行けるほどの経済力はなかったので、塾も通信教材も使用していませんでした。だからといって、授業を聞いただけで内容をつかめるような優れた頭は持っていません。そこでどうしていたかというと、YouTubeを使用していました。今は本当に便利な時代になったので、YouTubeやインターネットで優れた授業動画や解説を公開してくださる方がたくさんいらっしゃいます。塾に行かないと決めた方は、これらのコンテンツをフル活用してください。もちろん、学校の先生にも存分に頼ってください。授業を担当してもらっていない先生でも、きっと丁寧に教えてくださるはずです。

 

ここまで、塾の有無について書かせていただきましたが、塾に行ったからといって志望校に受かるとも限らないし、行かなくても落ちるわけではありません。塾の体験講習に行くなどして、さまざまな勉強スタイルを試し、自分にぴったりな勉強方法を見つけて、なるべくストレスのない受験期を過ごしてくださいね。