受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

名大生の一日

コロナ禍で私が始めた課外活動

はじめに

こんにちは、情報学部人間・社会情報学科3年の奥村百萌です。今回は私がコロナ禍から始めた活動についてご紹介いたします。その活動は、オンラインのフランス語勉強会です。今年の5月から参加し、現在も続けています。今回は勉強会を始めたきっかけや大まかな内容、そして勉強会から私が学んだことについてご紹介いたします。

 

きっかけ

この勉強会を知ったのは名古屋大学で修士課程を終えた方が、Twitterで募集していたことがきっかけでした。私はフランス語を勉強したいと思っていましたがブランクがあり、基礎から改めて勉強したかったので参加しました。その方の主催で、毎週土曜日の午後の時間を使って、基礎的な文法から会話表現まで幅広い範囲を勉強しています。現在は基礎的な文法の学習が一通り終わったので、毎週異なる参加者が読み物を持ち寄ってフランス語の文章をみんなで精読しています。

 

私が学んだこと

私はこの勉強会を通して、フランス語を学ぶモチベーションが上がりました。もともと私は名大の必修である第二外国語の講義を含め、3年ほどフランス語を勉強していました。更に語学研修としてフランスにも行きました(この語学研修は名大が主催しています。フランス語以外でも実施されているので、興味のある方は調べてみてください)。なので「2年勉強しているから、自分はできる」と若干慢心していました。しかしながら、基礎からもう一度学習してみると、2年ごときで「できる」と言ってはいけないのだと痛感しました。主催してくださっている方はフランスへの長期留学した経験があり、そのような方と私のフランス語の実力は当然ながら雲泥の差がありました。また、問題を解くことで文法面で理解が足りないことも実感しました。そこで、勉強会以外でもフランス語の勉強を行い、その結果実用フランス語検定3級を取得しました。

 

写真:

実用フランス語検定3級合格証明書

また私はこの勉強会で、プレゼンをしました。プレゼンの内容は、おすすめするフランス語の勉強ツールです。参加者の方がこの勉強会で学んだことを簡単に復習する助けになるように、自分が今まで使ってきた勉強ツールに関して紹介しました。アプリやWebサイトなど、インターネットがあれば誰でも出来るツールについてプレゼン資料を作成し、10分程度紹介しました。オンラインでのプレゼンは、対面よりは緊張しませんでした。しかしながら、聞いている方の反応が分かりにくく、きちんと伝わっているか不安でした。けれども、このプレゼン以降に参加者の方が私の紹介したツールを使ってくださっていることを後日知りました。少しでも他の参加者の方の力になれたかもしれないと分かり、プレゼンをして良かったなと感じました。

 

 

 

おわりに

以上がコロナ禍から始めた私の活動の紹介でした。みなさんも、なにか勉強したいと思ったら積極的にインターネットで探してみることをおすすめします。そうすると思いがけない出会いがあるかもしれません。ただし、インターネット上には怪しい団体も存在するので、よく見極めてから参加してください。あるいは、自分で勉強会を主催し、参加者を募集するのも面白いかもしれません。

そして、勉強以外でも受け身の姿勢だけでなく、積極的な行動もしてみましょう。自分が思った以上に、何事もやってみるとうまくいきます。形にしたいアイデアを思いついたら、万全な準備の後に実行していきましょう。きっとその経験が自分にとっての財産になるでしょう。

余談ですが、この記事のアイキャッチにしている写真は、語学研修先で行ったストラスブールの教会です。外観が美しいのはさることながら、内装も荘厳でとても美しかったです。またフランスに行けるように、今のうちからフランス語を上達させたいと思います。

 

それでは、この辺で。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Au revoir !(さようなら!)