受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

名大へ入ろうと思ったキッカケ

高橋くんの名大入学の理由

私は高3の夏から第一志望を名大にしようかと考えていました。理由として、子供のころに名古屋に遊びに行ったことがある関係で前から愛知県に住みたいと思っていたことや、自宅からでは通えない遠い場所の方が環境も今までとは違い、得られるものも大きいのではないかと考えたからです。大学では高校の頃の旧友と固まることなく、自分のことを知らない人達とたくさん関わりたいとも考えていました。私は高校時代、学校の課外活動で貴重な体験をすることができました。文化祭を通してクラスの皆と協力したり、自分の興味のあるテーマについて文献を読み、大学でどんなことを学びたいかを考えることができました。一方で物足りなさもありました。それはいろいろな人と関わる機会をあまり作らなかったということです。学校行事を通じて同学年の人とは大方知り合うことができましたが、他の高校の生徒や大学生、社会人の方と関わる機会がなかったのはもったいなかったなと感じています。仲のいい人同士で固まるのも楽しいですが、自分とは異なる考え方をする人と会って刺激を受けることも大事です。そういう理由もあって遠方の大学を受験してみようと思うようになりました。

 

私が高3だったときは私達の1つ下の学年から学習課程に若干の変化があり、この年で浪人したら次の受験で現役生に太刀打ちできないのではないかという話がありました。そのため、今年の受験生は背水の陣だとか浪人したら終わりだといったことがよく言われていました。その影響で私達の年では安全志向、すなわち入りたい大学ではなく、入ることのできる大学を目指す人が多く、反対に高望みをする学生が少ない年でした。実際のところ、2014年度の大学入試で第志望の大学に落ちて浪人した人の数は例年よりも少ないです。今後の教育改革によって再び学習課程が変わり、浪人生が不利になってしまう状況も考えられます。ですが、皆さんには第志望の大学を大切にしてほしいです。私の場合は最後まで名大に入りたいと思っていたので合格できたんだと考えています。