受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

名大生のイメージと現実

イメージを現実にする4年間

経済学部経営学科4年生の小川理紗子です。大学生活4年間の振り返り記事を書くにあたり、受験生の皆さんにとって、今の私が伝えて有意義なことはなんだろう。私が高校3年生の時、大学入学を控えている時、どんなことを考えてたっけなあ...この1週間しみじみと思い返していました。

 

「大学って楽しいかな、友達できるかな。」

「大学でどんなことをすればいいんだろう。何をすべきだろう。」

「大学の4年間、どう過ごそう...

 

私が名大で4年間過ごしてきて言えることは、自分が今抱いているイメージを現実にするのは、自分の意識次第ということです。高校や中学時代とは違って、まさに自分で自分の歩く道を決めていくのが大学生でした。

とは言っても、どんなことができるか予め知っておくのと知らないのとでは学生時代の過ごし方に大きく差が開きます。大学に入ってどう過ごすか、遊びまくるのもいいけれど、就活や卒業時に何をやってきたか言えないと困りますよね...。

 

「名大でこんなこと出来るんだ!」

「卒業する時、こんな自分になってるといいなあ」

 

そんなイメージが少しでも膨らむことを目標に、私の大学生活を振り返ってみようと思います。

遊びや旅行、楽しむことが大前提の中、課外活動や海外研修などの活動にも取り組んでいるので、

何か参考になるものがあると幸いです。

 

▼1年生

 

 

ひたすら友達作りに専念。サークルは3つ掛け持ち、

バイトつ始め大学デビューの準備はバッチリ!

憧れの一人暮らしに、男女5人でディズニーランド。

まさに思い描いていた夢の女子大生や〜

(しかし順調に単位も落とす)

 

 

 

遊んでるばっかじゃダメだ。

今のうちから何か取り組めるものがないか情報収集。

国際関係に興味があったこともあり、

留学生センターの「グローバルリーダー育成プログラム」

という半年間の研修に参加。

意識の高い先輩方ばかりで、その後の道標になりました。

 

 

▼2年生

授業が一番多くなる時期。毎日学校に行って夜遅くまで課題、定期試験補講もあって大変だけど、長期休みには旅行や遊びで気分転換!サークルの合宿や四国旅行に、屋久島縄文杉登山〜!(この頃から自炊に手を抜き始めます)

     

名大工学部の学生団体「未来マトリクス」の存在を知り、様々なイベントに参加。東京ビックサイトで行われた3日間のプログラムでは、東大生と東京藝大の学生と共にチームを組み活動しました。なんとも刺激的な環境で、後に私が広告業界を志望するきっかけにもなりました。

名古屋青年会議所主催の海外研修プログラムにも応募し、香港に5日間派遣させていただく機会にも恵まれました。海外の学生と意見交換をすることで自分に足りないものが浮き彫りとなり、残りの学生時代どう過ごすかさらに意識するようになりました。

 

▼3年生

授業コマも少なくなり余裕が出てきたため、名大留学生のお世話をするチューター活動に参加。

日本語会話の練習や宿題を見てあげるなど海外のお友達がたくさん増えました〜!

 

 

3年生では経済学部一厳しいと言われるゼミにも入り、

毎日仲間と議論を交わします。

(後に卒論が辛すぎてこのゼミを選んだことを

後悔するなんて当時は知る由も無かったのです)

 

 

 

ぼちぼち就活の準備も始めます。興味のある業界セミナーを聞きに日帰りで大阪に行ったり、インターンシップは東京・大阪・名古屋、各都市で計1ヶ月ほど取り組みました。各地域の学生の特性や雰囲気、働き方の違いも知るために交通費や宿泊代を惜しまず参加。今思うとよく頑張った......。

 

 

経済学部のCampus ASEAN programでは、タイ・シンガポールに計2週間研修に行きました。現地でのプレゼンテーションや企業見学などは、普通の旅行では味わえないため大変貴重な体験です!

 

チューター活動で知った愛知県と三重県主催のEnglish campのボランティアにも、この参加しました。

 

  

▼4年生

就活と卒論の年。「4年間どう過ごすか」を意識していただけあって、就活の面接や書類に書くエピソードに困ることはありませんでした。学生時代に頑張ったことがバイトやサークルだけでなく、名大でやってきたこと、名大だから出来たことが話せると他学生との差別化につながり自信になります。日頃から色んなことに興味を持ち活動していると、将来やりたい仕事について見えてくることもあります。私自身、その甲斐あってか、第一希望の会社に無事内定を頂くことができました(就活終わりに遊びすぎて、卒論で痛い目にあうのはよくある話......)。

卒業旅行は台湾、オーストラリア、カンボジアにヨーロッパ!

最後の最後まで学生生活を満喫します!

      

 

今振り返ってみると、楽しいことあり、つらいことあり、色々な出来事があった4年間でした。卒業間近の今でも「こんな面白い活動がまだ隠れてたなんて!」「あの時〇〇を知っていれば!」と発見することばかりです。皆さんもたくさんアンテナを張って、色々なことにチャレンジしてみてください。

 

挑戦することはいいことだらけ。

成功したらヒーローになれるし、失敗してもチャレンジャーになれる

 

私の好きな言葉で、今回の記事の終わりとさせていただきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。