受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

わたしの受験勉強法

サクラサケ!私の世界史暗記法!!

皆さんこんにちは!1年の奥村百萌です。私の所属している情報学部人間・社会情報学科では、外国語と社会(地理歴史)または数学のうちいずれかの計2科目が二次試験で必要でした。私は英語と世界史を選択して入試に臨みました。英語の勉強方法は前回紹介したので、今回は世界史の暗記方法について紹介します。この方法は二次試験だけでなく、センター試験で世界史が必要な方にも参考にしてもらえると思います。

 

何度も見る

やはり教科書を何度も読むに限ります!私の世界史の先生は「教科書を枕にして寝ろ」という言葉を残したほど教科書を重視していました。私はその教えを受け、教科書を枕に......はしませんでしたが、世界史の授業がない日でも常に教科書を持ち歩いていました。そして通学時間のような隙間時間に必ず教科書を開いて読んでいました。「この単語は教科書の○○ページのあそこら辺に書いてあったなぁ。」と思い出せるほど読んでいたことを覚えています。そのおかげか、最終的に教科書はシワシワになり、元の冊子みたいに閉じられなくなりました。

 

教科書を積極的に汚す

勿論ただ見ているだけではなく、ちょっとした手も加えていました。重要単語にはマーカーを引く、用語集や資料集に載っている単語を教科書にもメモをする、教科書にインデックスを付ける、などしていました。単語を教科書に書き写したのは、世界史における試験本番の持ち物を教科書のみにするためです。注意しなければならないのは教科書をカラフルにしないことです。初めの頃はマーカーを2、3色も使い、色つきのペンでメモをしていました。しかし、煩雑になりすぎて見返すのに苦労しました。それ以降マーカーの色は1色のみ、教科書へのメモも鉛筆でしました。

 

頭の片隅に置いておく

次は、並べ替えのような年代や地域など広範囲にわたる知識を必要とする問題の対策法を紹介します。それは、小見出し通り「頭の片隅に置いておく」です!どういうことかと言いますと、他の地域のこともチラッと思い出すということです。例えば教科書で明代の部分を読んでいるとき、「中国が1368年の時に明が始まったんだな。そういえばヨーロッパではヴァロワ朝が大体同じ時期(1328年)に始まったんだっけな~」という感じです。こうやってチラッと思い出したとき、自分の記憶に自信があるならそのまま明代の部分を読み進めて行きましょう。もしも「アレ?本当にヴァロワ朝だったかな?」というように自信がなかったら年表などを見て確認すると、他の地域の復習にもなるでしょう。ココで大事なのはチラッとだけ思い出すことです。あくまで明代の勉強をしているので、復習に時間をかけすぎてしまうとどんどん脱線してしまいます。そうするとやはりどうしても勉強の効率が悪くなりがちです。このチラッとが意外と効果的なので、世界史の勉強がある程度進んだら是非、試してみてください。

 

とにかく書く

ちなみに、書くことも単語の暗記には効果的です。「忘れたときは3回かけ」これも世界史の先生の口癖です。そう、どうしても覚えられなかったら書くのです!何でも良いので紙と鉛筆を持って単語を書き写しましょう。同時に声に出したり、単語の意味を頭の中で復習したりしながら書くと更に実りのある暗記になるでしょう。

 

終わりに・・・

以上、私がしていた主な世界史暗記方法でした!どの教科でもそうでしたが、私は余分に参考書を買いませんでした。その代わりに学校の教科書や資料集、問題集を余すところなく活用して学習を進めました。勉強に飽きた時に新しい参考書を買うことも良いことだとは思います。けれども既存の教科書をもう一回読み直したり、勉強方法を変えたりするだけでも、新しい刺激を受けることが出来るかもしれませんね。