受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

わたしの受験勉強法

脇田くんの受験生時代の1日

みなさんこんにちは、工学部電気電子情報工学科1年の脇田です。高校1、2年生の皆さんは部活、高校3年生の皆さんは受験勉強に励んでいると思います。充実した夏休みになるよう、しっかりと計画を立てて、さまざまな事にチャレンジしてください

 

さて、この前は、受験生時代の1年のタイムスパンについて紹介しましたが、今回は受験生時代の1日の時間の使い方(学校の無い日)について紹介したいと思います。

 

起床7:00

朝は朝ご飯をしっかり食べて、1日のスタートを切ります。受験生ともなると、なかなかテレビを見る時間がないので、朝はテレビを見ながらの食事です。

 

自宅出発 8:30

家だとなにかと誘惑が多いので、僕は塾の自習室や図書館を積極的に利用していました。そこまで行くのに自転車で2030分ほどかかるので、いい運動にもなりました。また、塾や図書館では、同じ大学を志望している仲間も多かったので、互いの勉強姿を見て、やる気を持続させていました。

 

数学・理科の勉強 9:0012:00

朝は一番頭が冴えているので、理系教科の勉強をしていました。この夏休みの時期は、学校で与えられた問題集をひたすら解いていました。基礎的な問題がすらすらと解けるようにするのが一番肝要だと思います。

 

お昼ごはん 12:0013:00

唯一の憩い、お昼ごはんです。いつも友達と食べていました!休憩するときはしっかり休憩して、気分をリフレッシュしましょう。

 

昼寝 13:0013:15

やはり昼過ぎは絶対に眠くなります。眠いときは15分ほど仮眠をとると、午後からの作業がはかどります!

 

国語・英語・社会の勉強 13:1518:00

午後は文系教科の勉強です。センター試験では、午後の眠い時間帯に国語と英語の試験があったので、それにあわせて、午後から文系教科の勉強をしていました。勉強に飽きてきたら、英単語帳を開いて、口を動かしながら英単語を覚えていました。気分転換に英単語はお勧めですよ。

 

帰宅・夕食 18:0019:00

あまり外食をしすぎるとお金がかかるので、夜ご飯は家で食べるようにしていました。家族との会話も楽しみましょう

 

その他やり残した勉強 19:0022:00

夜には、その日に勉強したもので復習が必要な問題など、色々な教科をまんべんなく勉強していました。また、「夜に暗記教科を勉強すると、その後すぐに寝るから記憶が整理される」という話を中学時代に聞いたことがあり、暗記すべきことの多くは夜にやっていました。

 

明日の準備・風呂等 22:0023:30

のんびりお風呂に入って疲れをとりつつ、明日の勉強の目標設定をします。具体的には、「化学の問題集を○問解く、英単語100語覚える...」といった感じです。勉強をしていく上で、新たに復習が必要になってくることが必ず出てくるので、目標は、安易に達成できる量を設定しましょう。

 

就寝 23:30

僕の場合は、しっかり7時間30分の睡眠を取っていました。こうすることで、昼間の眠気を最小限に抑え昼間の勉強効率を上げます。

 

以上、僕の受験生時代の1日の勉強について紹介しました。

 

受験間近だと、もう少し多く勉強していましたが、夏休みはこのぐらいの勉強量でした。

 

勉強法は、夜型、朝型など、人によって十人十色です。色々な先輩や先生から勉強法を聞いて、自分にあった最適な勉強法を早い段階で確立させましょう!