受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

わたしの受験勉強法

脇田くんの受験生時代(高3)の1年

みなさんこんにちは、工学部電気電子情報工学科1年の脇田です。つい数ヵ月前まで受験生だったので、今回はその経験を活かして、僕の受験生時代(高校三年生)の1年間の生活を書こうと思います。軽い気持ちで、参考程度にご覧いただければ幸いです。

 

部活引退後~夏休み前

僕は弓道部に所属していて、大会が終わった5月末から本格的な受験勉強に取り組みました。この段階では、「名大に行きたい」という漠然とした目標で、まだ行きたい学部や学科ははっきり決まっていませんでした。夏休みまでは、まずは学校でその当時習っていたことを中心に勉強していました。簡単に言うと、定期テスト対策がメイン、といった感じです。もちろんテスト週間でないときは、1、2年生で習ったことを、学校で指定された問題集を使ってひたすら解きまくりました。

 

夏休み

夏休みは、自分の勉強がしっかり出来る、貴重な機会です。そして、夏休みは生活リズムが乱れがちですが、僕は学校がある日と同じ就寝時間、起床時間になるよう心がけました。また、夏休みにはオープンキャンパスに行きました。実際に名古屋大学を見て、雰囲気を知ることで、ますます受験勉強のやる気が出てきました。大学側のオープンキャンパス企画では、具体的にどのような研究をしているのかを知ることができ、学生企画では、実際、大学生の生の声を聞けたり、時間割などを知ることができます。受験生のみなさんも、時間があれば、オープンキャンパスに足を運ぶことをお勧めします。

 

夏休み終盤~9月上旬

僕の学校では、9月上旬に学校祭(文化祭、体育祭)があり、高校3年生が中心で活動していたので、この時期の昼間は、学校祭の準備があり、ほとんど勉強できませんでした。昼間は炎天下で作業をし、夜は受験勉強、という大変な時期でした。しかし、昼間は勉強のことを忘れて作業に集中していたので、いい気分転換になりました。

 

9月中旬~11

この時期は学校祭も終わり、これといった楽しみもない中の受験勉強生活となります。この時期が、一番重要で、一番辛い時期だと思います。11月には毎週のように模試があり、精神的にも体力的にも大変でした。しかし、夏休みの勉強の成果が現れはじめ、模試の成績も少しずつでしたが、確実に上がっていきました。また、勉強に集中できないときは、犬の散歩をしたり、ランニングしたりして一汗流していました。運動すると気分がリフレッシュできて、さらに体力もつけることができたので、とても良かったです。受験本番は長い時間集中し続けなければいけないので、体力はある程度必要だと思います。勉強と休憩のメリハリをつけて、勉強のモチベーションを持続させることがかなり重要だと思います。

 

12月~センター試験

いよいよセンター試験まで1ヶ月。学校や塾で、「残り○○日」というカウントダウンも始まり、緊張感が一気に高まりました。この時期は追い込みの時期なので、集中して勉強し続けることができるかと思います。「あと1ヶ月しかないし、勉強しても意味がない」と諦めるのではなく、「あと1ヶ月もあるから、出来るだけのことをしよう」という強い意志を持ち、最後まで諦めず勉強に取り組みました。しかし、実際やれることは限られているので、最低達成すべき目標を設定しました。具体的には、「英単語帳を完璧にする」「国語のセンター試験問題に1日1題は取り組む」といった具合です。年末年始は面白い番組が多いので、テレビをつけることさえしないようにしました。

 

センター試験終了後~二次試験

第一志望は名大だったので、私立の勉強は過去問1年分を解く程度ですましていました。地方で受験できる大学も多いので、受験の雰囲気に慣れたり、合格通知を手元に置いておくことで安心感も得ることができるので、私立一校は受けておくとよいかと思います。もちろん、僕の周りには、「名大しか考えていないから私立は一校も受けない!」という子もいました。そしてこの期間、僕はひたすら名大の過去問を解きました。特に理系の場合、数学の比率がかなり大きいので、しっかり粘って解く、絶対に計算ミスをしないような練習を繰り返しました。「過去問を解く解答を確認して分からないところをはっきりさせるもう一度解く」という基本的なサイクルを忠実に実行しました。

 

 

以上、長々と僕の受験生時代の話をしてきましたが、僕が常に意識していたことは、「後悔しないような勉強をする」ことです。これは、学校の先生が口酸っぱくおっしゃっていたことで、僕も後悔する余地がないように、一生懸命勉強するよう心がけました。辛い時期もあるかもしれませんが、そんなときは気分転換をして、勉強のやる気を持続できるよう、頑張って下さい!