受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

名大のすごいところ

名大とジェトロのコラボ 日本食試食会開催

生命農学研究科・博士課程教育リーディングプログラム(リーディング大学院)「ウェルビーイング」プログラム学生の小川高広です。今日は日本食試食会についてお伝えします。

 

 

 

 

先日名古屋大学東山キャンパス内で日本食の試食会が開催されました。ここ数年、日本を訪れる外国人観光客が増加し、ユネスコの世界無形遺産に和食が登録され、日本食に対する関心が高まり、日本食が今注目されています。このような追い風を受けて、政府は日本の農産物の輸出拡大を国の重要政策として、位置づけ、今までも力を入れられていたリンゴやコメなどの生鮮食料品だけではなく、加工された日本食の販路拡大も盛んになっています。

 

今回のイベントでは留学生を多数抱える名古屋大学と国の貿易を促進する機関で、独立行政法人の一つであるジェトロ(日本貿易振興機構)が協力し、実際に日本食を留学生に食べてもらい、得られた意見を今後の商品開発につなげていこうと新たな試みとして行われました。今回は名古屋大学やジェトロからイベント開催の関係者をはじめ、名古屋大学の留学生、日本食を提供する業者の方々、総勢約80名ほどが集まりました。

 

試食会では一口で食べられるほどの量の日本食がテーブルに並び、留学生はどんどん食べていきます。そして、食べた日本食の味や見た目などの感想を出展した業者の方に伝えていきます。この日、用意された日本食は漬物や味噌など伝統的なものから、酒かすを利用し発酵させたチーズや、漬物のサラダ、緑茶にハーブを加えオシャレにアレンジしたものなど、様々なものが並びました。私もいくつかいただきましたが、どれもおいしかったです。しかし、留学生によっては酸味がダメとか、とろみのドロドロ感がダメなどあるようで、厳しい意見もあったそうです。

 

留学生の出身国で食べられている料理によって味覚は異なるため、日本食一つでも評価が大きく異なります。日本人と留学生の味覚の違いはそばで見ていて、非常に興味深かったです。

 

今回の試食会の話からそれますが、今回のイベントでは多くの留学生が参加しました。キャンパス内を歩いていると多くの留学生に会うことができ、時々日本ではないんじゃないかと思ったこともあります。名古屋大学には多くの留学生がいることを実感すると思います。また受験生の皆さんの中には将来、留学などを考えている方がいるかもしれません。名古屋大学では留学したい学生への支援を積極的に行っています。提携している大学も多いので、選択の幅も広いと思います。もし留学生と交流したい気持ちや将来留学を考えているならば、在籍する留学生の数や大学の留学支援など、そのような観点から受験する大学を決めるのも一つの手段だと思います。書店やインターネットに受験生向けの様々な情報があるので、関心のある人は一度見てみて下さい。

 

参考までに、名古屋大学の留学生数は2079名でした(平成26年)。留学生の出身国は97か国・地域に及びます。外国の大学との協定締結は52か国に及び、大学同士の大学間の協定は122機関、各学部や研究科ごとの部局間の協定は250機関です。世界中にネットワークが広がっています。詳しくは「一目でわかる名古屋大学」や「名大プロフィール2015資料編」に載っています。