受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

名大のすごいところ

名大おすすめスポット(ゆったりスポット編)

みなさん、こんにちは!理学部数理学科2年の廣瀬です。突然ですがみなさん、名古屋にどんなイメージを持っていますか?名古屋めし、名古屋城、など色々なものを思い浮かべると思います。私の地元は愛媛県なのですが、名古屋に来る前は名古屋は都会、もちろん名大も街の真ん中にあるのだろう、と思っていました(入試で訪れた際に初めて名大の周りは静かで勉強しやすい環境だと気づきました)。そして、去年の春から名古屋で暮らし始めて、名古屋はやっぱり街だな、と実感しています。名古屋大学駅から20分程度で店が立ち並ぶ繁華街の栄や帰省の際にお世話になる名古屋駅に行け、歩いても10分もかからないうちに飲食店街の本山にたどり着けるという、とても便のいい大学です。しかし、先述したように名大は静かで自然を感じられる場所です。今回は都会の名古屋で、日々の勉強やサークル活動、アルバイトなど、忙しさから少し解放される、ゆったりとした時間を味わえる場所を紹介したいと思います。

 

まずは豊田講堂(入学式など大きな式典を行う大きな講堂です)前に広がる大芝生です。最近は、また暖かい日が続いており、晴れた日はここでキャッチボールなどをして体を動かしたり寝転がって本を読んだりしている人もいます。冬になり雪が積もるとたくさんの雪だるまが立ち並んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

次は農学部へ続く道です。ここは農学部の実験が行われる畑やビニールハウスが並んでおり、そのために肥料などのにおいが漂っています。私の実家は農家だったので、このにおいには懐かしさを感じます。名大の建物は多くが新しく近代的ですが、この通りの建物は歴史を感じさせ、周りとのギャップと地元のようなのんびりとした雰囲気を味わいに、時々、自転車で走り抜けたりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも名大には勉強の息抜きとなる場所がたくさんあります。豊田講堂横の坂道をあがっていくとトレーニング場やスポーツ設備(テニスコートやサッカー場など)があり、名大生で条件を満たせばだれでも使用可能です。気候のいい日に外でスポーツをしたりトレーニングで講義の合間に汗を流す人も多いです。また、研究のためか至る所に植物が生い茂る通りがあり、講義の休み時間にぶらぶら散歩をすると、難しいことを考えた頭のリフレッシュに最適です。また、全学教育棟の間にベンチスペースがあり、晴れた日はそこで昼食をとる学生も見られます。

上にあげたスポットは地図にも載らないような場所ですが、入学して、いろいろ構内を散策したり講義であちこちと棟を移動していくうちに、自分なりのお気に入りの場所が見つけられていきます。みなさんも名大を訪れる機会があれば名大生になったつもりで色々と巡ってみるのも、大学生活を身近に考えられるチャンスになると思います。

さて、ここ最近は、名大のおすすめスポットと題し、私なりの視点で名大の素敵な場所を紹介してきましたが、今回でこのテーマも一区切りしたいと思います。次回からは名大での学問に着目して、私がどのようなことを勉強して、どう将来に生かしていきたいか、大学でどのような研究が行われているか、についての記事を書いていきたいと考えています。