受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

名大のすごいところ

名大で、留学。2

皆さんこんにちは。

情報学研究科修士1年の渡邉です。

 

今日は「名大で、留学。1」の続きで、短期研修(語学留学)に関して書いていきます。

注)この記事で扱う留学は、基本的に全学協定に基づき海外留学室にて案内がされているものになります。部局間協定に基づく留学に関しては除外していますのでご了承ください。

(要するに、この記事では名大生なら誰でも参加の機会がある留学プログラムに関してのみ書いているってことです。)

 

まず、名大における短期研修は
「単位認定される」
「単位認定されない」
の2種類に大別されます。

 

前者は「名古屋大学が授業の一環」として実施するもので、
事前授業(複数回@名大)+海外大学での研修+事後授業(複数回@名大)
という流れになっていることが多いです。
費用は留学先国によって大きく異なりますが、日本学生支援機構(以下JASSO)の給付型奨学金や、成績優秀者の場合は名大独自の給付型奨学金がもらえて実質タダで行けることもあります。
(ここでの成績優秀者とは入学後に行われるTOEFL ITPの成績らしいです)
実際のプログラム例:

全学教養科目「米国現代事情Ⅰ-ノースカロライナ州立大学-」

http://ieec.iee.nagoya-u.ac.jp/ja/abroad/program/nu_oti.html#ncsu

 

後者は①名大が運営しているものと、②海外大学から案内をもらって学生に告知しているものの2種類があります。

①に関しては「海外研修を含む科目に参加することができない学生に参加を推奨」となっているため、大学としてはできるだけ「単位認定される」研修に参加してほしいみたいです

http://ieec.iee.nagoya-u.ac.jp/ja/abroad/program/Meidai_tokubetsu.html

②は海外大学が様々な大学に募集をかけているため、いろいろな国から参加者が来ていたりします。

http://ieec.iee.nagoya-u.ac.jp/ja/abroad/program/kyouteikou.html

 

次回の記事は
「米国現代事情Ⅰ-ノースカロライナ州立大学-」の体験レポート
です。
お楽しみに。