受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

名大グルメ

名大おすすめスポット(食堂編)

みなさんこんにちは!理学部2年の廣瀬です。名古屋は今週はずっと天気が悪いようで、気温も先週に比べぐっと冷え込みます。私も今日の朝家を出るときにひんやりとした空気に驚き、上にもう1枚羽織って大学に行きました。以前の記事にも書きましたが時の流れ、季節の移り変わりの速さを感じます。そういえば今年もあと2か月半しかないんですね。みなさんは年始にたてた今年の目標、達成できそうですか?読者の皆さんの中には志望する大学へ向けて学業面での目標を立てた人も多いかと思います。季節も勉強するのにちょうどよい気候になりつつあり、スパートのかけ時です。体調には気を付けつつも目標達成に向けて頑張ってください!ちなみに私がたてた目標は、毎日筋トレ・運動をするというものでした。結果は...残り2か月半、毎日やったら目標達成ということにしておきましょうか。

 

さて、勉強を頑張る皆さんにより大学生活をリアルに感じてもらいたいと思い、前回の記事から「名大おすすめスポット」と題し、私が名大内の好きな場所を紹介しています。前回は学外の方にもご利用いただける中央図書館を紹介しましたが今回はもっと気軽に立ち寄っていただけるスポット、食堂を紹介したいと思います。

その前に大学生の昼ご飯事情を軽くお話ししたいと思います。大学の講義は高校までと異なり、必ずしも月曜から金曜まで、朝から夕方までびっしり詰まっているわけではありません(ちなみに今期の私の時間割では月曜は夕方だけ、水曜は午前だけ、火曜・木曜・金曜は1日中入ってます)。なので例えば昼から講義が始まるときは昼ご飯を家で食べてから大学に行くなど、大学でご飯を食べる必要のない時もあります。では講義が1日中入っているときはどうするかというと、いくつか方法があります。まずは弁当を持参することです。朝早く起きるのが大変ですが、自分の好きなものを食べられますし、経済的です。学内のコンビニ(東山キャンパスにはファミリーマートがあります。24時間営業ではありませんが、土日祝日、さらに夜も11時と遅くまで開いている点でありがたいです)や購買で買って、どこかで食べることもできます。焼き立てパンが買えるベーカリーがあったりバリエーションに富んでいるところが魅力的ですが、落ち着いて食べるスペースがあまりないのが少しネックだったりします。学外にも近くに飲食店があるのでそこへ行くのも手です。ファストフード店などはあまりありませんが、中華料理店が数軒並んでいるところや、もう少し(自転車で5~10分)足を伸ばし本山という市街地に行くと豊富にあります。ただ学外に出てしまうと、昼休みは1時間しかないので時間に追われがちです。家が近い人は1度帰って昼ご飯を食べるのも手ですね。ただやはり多くの学生は学内の食堂を利用しています。今回のテーマは先にも書きましたがこの食堂です。

 

食堂、といっても学内にはたくさんあります。キャンパス(東山・大幸・鶴舞)ごとにあるのはもちろんですが、多くの学部が点在する東山キャンパスには各学部の建物から短い昼休みの間に無理なく行けるように7、8か所あります。その中でも1年生にとって最も利用する食堂は南部食堂ではないでしょうか。というのも1年生は第2外国語や英語、教養科目など学部の専門科目でない講義(全学教育科目といいます)を履修するのですが、ほとんどの全学履修科目は全学教育棟というところで行います。そこから1番近くにある食堂が南部食堂です(ちなみにコンビニも全学教育教育棟の目の前です)。南部食堂内には2つの食堂が入っています。1階のMei-diningは平日だけでなく土曜も開いており、メニューも豊富です。2階の彩は平日のみの営業ですが20時まで開いており、さらにクレープやジュースも置いてあるので講義終わりにちょっと立ち寄って甘いものを食べたりもできます。この他にも食堂は多数あり、店舗によってメニューが少し異なっているので大学に慣れてきたらいろいろな店に行ってみるのもいいかもしれません。食堂は基本的に誰でも利用できるので、各店舗の営業日・時間を見たうえで(http://www.nucoop.jp/shop/time.html参照。営業時間があまり長くない店舗もあるので注意してください)利用してみてはいかがでしょうか。おすすめは昼休み(12:00~13:00)とその前後30分くらいを避けた時間帯です。この時間帯はものすごく混雑していて空いている座席を探すのにも一苦労します。私も例えば2限が休講になったときは11時くらいに行くなど、混雑を避けて入店する工夫をしています。空いている時間帯だと座席でデザートを食べながらテスト勉強をしたり、ゆったりと過ごせます。値段も安いので、名大の雰囲気を味わいに気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。ちなみに大学生協の運営している食堂とは異なりますが、学内にはレストランもいくつかあります(豊田講堂の中やES館という建物の中など)。こちらは値段は生協の運営している食堂ほど安くはなく、学生もあまり訪れませんが、雰囲気も良く、学外にあるレストランと比べたら安くリッチなランチが食べられるのでこちらもおすすめです。

 

以上、今回は食堂に絞って名大をPRしてみました。さて、この記事は5限(18時まで)終わりに書いているのですが、おなかが空いてきました。学内の食堂で食べるか、家に帰って自炊するか迷います。学内の食堂のおいしいメニューを探求していくのもいいですがやはり経済的に1番良いのは自炊ではないでしょうか。料理経験は卒業後も絶対役に立ちますしね。私はあまり普段料理はしませんが来年あたりから講義の数も減り、時間的に余裕が出てくるので料理していきたいですね。来年の抱負は料理関係になりそうです。少し話が逸れてしまいましたが、前回の図書館と合わせて食堂もぜひ行ってみてください。次回以降も大学生活が少しでも身近に感じられるような情報と合わせておすすめスポットを紹介していきたいと思います。