受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

留学生が見るNagoya University

呉 彦霖さんが見る名古屋大学

こんにちは!台湾から来た呉彦霖と申します。現在工学部の自動車工学学科二年生で、G30国際プログラムで学んでいます。名古屋大学での生活と勉強について皆さんに伝えたいと思い、この記事を書き始めました。

初めて名大に志願した時、日本語が全くできなくて名大に受かるかどうかについての不安感は勿論、日本語も知らない私が日本で生活できるかについて不安感を持っていました。しかし、G30のプログラムを通じ、日本に来てから日本語を学べるようになりました。それで一年間勉強し、現在は完全に日本の生活に慣れました。

名大に入り、毎日授業が多く、学べることがいっぱいあります。1年生の前期には、専門科目として自動車概論を取りました。自動車概論の特徴は毎回講義担当の先生が変わり、その先生の出身も様々であることです。例えば、ある時にはトヨタの設計部の方が自動車のブレキングシステムについて教えてくださいました。また、デンソーのエンジニアがエンジンの組み立てについて授業してくださったこともあります。自動車概論は月曜日の5限から6限まで行われた授業で、4時半から7時半まで授業を聞くことは辛かったのですが、毎回自動車に詳しい専門家方々が学校を訪ねて授業をしてくださったので、授業を欠席せずに頑張って聞きました。

工学の勉強の環境を言えば、名古屋大学はやはり適宜だと考えます。これからも頑張って日本で生活し、学業に専念しようとします。