受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

名大の周辺環境

大学での生活について。充実した学生生活を送るために、アドバイス!その一「家さがし」

受験生の皆さん、こんにちは。小川高広です。

今日は名古屋大学での充実した学生生活を送るために、入学予定の皆さんにアドバイスしたいと思います。まだ名古屋大学への入学が決まっていない、あるいは将来受験を予定している高校生の方々も、名古屋大学で学生生活を送ることになった時に備え、参考として読んでくださいね。アドバイスはたくさんあるのですが、その中からいくつか取り上げ、今後皆さんにお伝えしていきます。今日はまず、「家さがし」について書きます。

 

合格が決まった後に、すぐ取りかからないといけないことの一つに家さがしがあります。合格すれば、今まで実家暮らしだったという人も、故郷を離れ、名古屋に来ることになります。実家から名古屋大学に通う人は別として、家さがしはすぐに始めなければならない、重要なことです。できるだけ早く行動し、自分に合った家をさがすことが大切です。けれども、特に愛知県外出身者の方は、名古屋の土地勘がなく、困ることもあるかもしれません。また、初めて家をさがすという人が多いのではないでしょうか。インターネットなどでも多くの情報がありますし、名古屋市出身の友人がいれば、名古屋について聞いてみるのもいいかもしれません。様々な情報を参考にしながら、私のアドバイスも参考にしていただけたら嬉しいです。

 

まず、家さがしの流れですが、今の時代はインターネットで不動産会社のサイトにアクセスし、場所や予算などを入れて検索。ヒットした物件について、お店で情報収集し、気に入ったら実際に見学させてもらう、という流れになります。見学してみていいなと思ったら、契約し、その後入居します。契約の際は身分を証明する書類や保証人(多くの場合は保護者)、保証人の所得証明や印鑑など必要な場合もあります。必要なお金は、家賃と家賃滞納などの際に充てられる保証金(家賃数か月分)、管理費(管理人さんが常駐する物件や、エレベーターがある物件は人件費や電気代・整備費などもかかるので高い)、退去後に例えば傷を付けてしまった壁などの補修費用に充てられる敷金、家主に貸してくれたお礼として支払う礼金(新しい物件は高い気がします)などがあります。その他に、不動産会社の仲介手数料や清掃料なども必要となってきます。結構お金がかかります。最近は礼金などがない物件もあります。

 

次に、どこで家を探すのかです。家さがしは大学の生協が相談会をキャンパス内でも開催しています。それを利用することも一つの手ですが、通常は不動産会社の店舗に出向いて、いい物件を探すことが一般的かと思います。しかし、名古屋大学の東山キャンパス周辺には不動産会社の店舗はありません。そのため、沿線の本山駅や八事駅周辺にある店舗に出向くことになります(隣の八事日赤駅にもありますが店舗は少ないです。鶴舞キャンパスなら鶴舞駅周辺、大幸キャンパスなら大曽根駅周辺にあります。大幸キャンパスの最寄り駅であるナゴヤドーム前矢田駅にはほとんどありません)。

特に八事駅は私立大学のキャンパスが2つもあるので、不動産会社の店舗が多くあります。効率的にお店を回りたい人にはお勧めです。お店に行く際は、あらかじめ電話して、気になる物件について情報を集めたり、訪問予約をしたりすると時間を有効に使えます。私が家をさがした時は、不動産会社の店舗を4軒ほど回り、物件も10件近く見せてもらいました。やはりネット上の写真や間取り図と実物は違うので、しっかり見ることが大切です。見るポイントは、水回りや日当たりなどでしょうか。また、自転車置き場やゴミ捨て場の状況を見ておくと、住民の様子がわかり、いいかもしれません。学生が多いアパートはちょっとだらしがない感じがするかもしれません。さらに、女性の場合は防犯面も気になると思います。街灯の設置状況やその地域の雰囲気をしっかり確認しましょう。先の話になりますが、4年生になると実験や卒業研究があったり、あるいは1年生でも積極的にバイトやサークル活動をしたりして、遅い時間に帰宅することになります。昼と夜では地域の雰囲気は違いますので、もし可能であれば、保護者の方と夜間の様子を見に行ってみるのもお勧めです。最低でも4年間、または修士課程や博士課程へ進学、名古屋市で就職すれば、もっと長い時間を過ごすことになる家なので、しっかり見ておきましょう。

その他に、建物の耐震性(建築年により違う)やオートロックの有無、ユニットバスかどうか、ガスコンロか電磁調理器か(料理が好きな人はガスコンロの方がいいかもしれません)など、もし希望があるならば、あらかじめ不動産会社のネットで検索できますし、お店の人に希望を伝えておくことも大切です。もちろん、希望ばかり並べても、家賃との兼ね合いもあるので、妥協することも必要です。ただ絶対に譲れない点もあると思うので、そのバランスが大切です。例えば先ほども触れましたが、女性なら、安心・安全を最重要事項と考える人が多いと思いますし、とにかく朝はゆっくりしたいから、大学から近いところを重視する人もいます。家賃が安い方がいいと考える人もいるでしょうし、お風呂が好きだから追い炊き機能がある物件がいいという人もいるでしょう。何が譲れて、何を重視するのか、あらかじめ考えておきましょう。また、ネットに出ていても、すでに契約されてしまった物件もあるでしょうし、ネットにはすべての物件が出ているとは限りません。この時期は出入りが多い季節なので、ネットには出せていない、いい物件があるかもしれません。お店の方としっかり話すことも大事です。とは言っても、最低限の情報はネットで調べた方がいいと思います。同じ物件でも、仲介手数料はお店によって違いますし、手数料がとても安くても、その分清掃料などが割高かもしれません。また、お店の方もこの時期が一年のうちでもっとも忙しいので、あまり丁寧な対応は期待できません。担当者にもよりますが、親切な担当者に当たればラッキーぐらいに考えておいた方がいいと思います。

 

ところで、お勧めのエリアはどこでしょうか。気になるかもしれませんが、難しい質問です。何を求めるか、何を重要視するかによります。大学周辺のエリアについて、私の経験をもとに、駅周辺ごとの印象を紹介します。私個人の印象ですので、詳しくは自分の目で確かめ、自分自身で調べてみてくださいね。

まず名古屋大学駅(東山キャンパス)周辺ですが、静かな住宅地ですので、住環境はいいと思います。そのため、人気も高いです。大学から近いので、通学にはとても便利です。

次に隣の八事日赤駅周辺はどうでしょうか。ここは、大きな家が立ち並ぶさらに閑静な住宅街で、大病院もあり、いざという時に便利です。名古屋大学駅や八事日赤駅周辺には学生向けのアパートやコンビニ、郵便局もあります。生活する上で最低限のものはそろっています。けれども、デメリットもあります。環境がいいので、その分家賃が高いです。また、スーパーがありません。本山駅や八事駅などに行く必要があります。

本山駅(キャンパスから徒歩約15分)や八事駅(徒歩約30分)周辺には、スーパーをはじめ、飲食店などが多くあり、とても便利です。バイトをする場所もたくさんあります。本山駅は地下鉄東山線との乗換駅です。東山線は名古屋を東西に走る大動脈の路線で、運行本数も非常に多いです。交通の要所である名古屋駅や、名古屋一の繁華街で商業地域である栄駅にも、乗り換えなしで短時間で行けます。また名城線では医学部保健学科のある大幸キャンパスまで10分ほどの乗車です。

一方で、八事駅は先ほど紹介した地下鉄名城線や鶴舞キャンパスへのアクセスに便利な鶴舞線が走っています。ショッピングセンターや徳川家ゆかりの興正寺もあります。駅から少し離れれば、大きな邸宅が立ち並ぶ高級住宅街があり、名古屋の中で住んでみたい!と言われる人気エリアです。その分、家賃は少々高いです。余談になりますが、東山キャンパス周辺や八事日赤・八事周辺は古くから「田園都市」として計画・設計された地域です。そのため、緑が多く、今もゆったりとした街並みを保っています。散策すると楽しいですよ。

大学から少し離れたところでもいいなら、いりなか駅(徒歩約30分)周辺に住んでいる学生もいます。東山キャンパスからやや遠いですが、塩釜口駅(徒歩約40分。自転車なら20分ぐらい)周辺には私立大学もあり、学生向けのアパートが多いです。私はもっと遠い原駅周辺に住んでいます。ファミリーが多い地域です。東山キャンパスへは自転車で45分ほどかかります。地下鉄なら乗り換えを含め、30分弱でしょうか。

また、東山公園駅(徒歩約10分)周辺に住んでいる学生もいます。農学部から近いので、農学部の学生が多いようです。東山動植物園があり自然豊かなところですが、学生が住むアパートは少なめです。

もし、静かな住環境を求めるならば、駅から離れたエリアもいいかもしれませんが、交通の便やスーパーが近くにないなどちょっと不便かもしれません。通学だけではなくバイトに行く時の交通手段も大切です。自転車や原付で移動するならば、いいかもしれませんが。

 

今日は家さがしについて、お伝えしました。少しでも参考にしていただけると嬉しいです。今度はキャンパスライフについて書きたいと思います。(写真は東山キャンパスの夜景です。「東山」というだけあって、名古屋中心地域から東部の小高い丘にキャンパスがあります。名古屋の中心部は平たんなところが多いですが、名古屋城から熱田神宮周辺までの一帯は熱田台地と呼ばれ、城下町を形成していたようです。名古屋の西部には大きな川があり、平たんなところは水害の問題があったからかもしれません。名古屋の地理についても地図を広げ、見てみてくださいね。どこに東山キャンパス、鶴舞キャンパス。大幸キャンパスがあるでしょうか)