受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

サークル紹介

名古屋大学奇術研究会の誕生

こんにちは。医学部5年の佐井です。いよいよ今年の発表会まであと一週間となり、演者たちの練習にも熱が入っています。今回は、創設者の伊藤勝彦氏の資料やお話から、奇術研の歴史をひもといてみます。(「名古屋大学奇術研究会のあゆみ」より引用)

 

名大奇術同好会の発足

昭和32年4月、経済学部に入学して鶴舞の医学部講堂の新旧学生交歓会へ行きましたところ、奇術を演じた人がいました。私は在学生がクラブへ勧誘する為にやられたと思い、すぐに会いに行ったところ、彼は医学部の新入生で、名大には未だ奇術クラブは無く、デパートの奇術用品売り場で用具を買って奇術をやっていたとの事でした。

一方私は中学時代に奇術を始め、また別の売り場でカード・ボール・リング等を買って練習し、高校時代には社会人のアマチュアマジシャンズクラブに入っていました。当時名古屋には学生の奇術クラブは一つも無く、東京でもいくつかの大学に出来たばかりのようでした。

私達は意気投合し、名大に奇術クラブを作ろうと云う事になりました。勿論当初は正式な文化サークルとして認められず、任意の趣味の会として「名大奇術同好会」と云う名称を付けました。当時の名大は「たこ足大学」と呼ばれていた様に、教養部は滝子、医学部は鶴舞、経済学部は桜山、法学部は名城近郊等とばらばらの状態でしたので、簡単なポスターを教養部に貼って会員を募集することにしました。

初年度は、私と彼のほかに学生が数名と、先生が2人という少ないメンバーでスタートし、週1回の例会で、初歩的な物を少しずつやりました。
 唯、彼の方は合唱サークルの方に熱が入り奇術は間もなく熱が冷めてしまったようで、殆ど私が指導することとなりましたが初心者の諸君も段々興味を増してきて、少人数ながら楽しい会になってゆきました。

 

第1回名大祭

昭和35年、法学部・経済学部・理学部・工学部が東山に集結し豊田講堂も落成し、名大史上初のフェスティバル「第1回名大祭」が6月3~6日の4日間盛大に行われる事になりました。

早速、豊田講堂への出演を申し込みましたところ、講堂は格調高い施設で奇術の上演は認められないと断られました。しかし、「奇術は絶対に観客を楽しませ喜んでもらえる物であるから、ぜひやらせて欲しい」と熱心に頼みこんだところ、実行委員会に何とか熱意が通じて出演の許可がおりました。

さて、いざ出演が決まったものの、大きな難問が有りました。それは講堂が講演会用に作られている為舞台に幕も無く、両袖も開放状態で、楽屋らしきものも無いと云う事です。苦肉の策で、置き舞台の一部を取り外して両袖に2台ずつ立て、そこにビニールを張って作った袖の後ろで準備するようにしました。 また、立てた台の上部には上手から下手へとロープを張り、ビニールカーテンを取り付けて引き幕としました。この作業は前の行事が終わってから短時間でやらねばならない為、大変苦労しました。

当時は、奇術クラブもほんの少ししかなくて、発表会等目の前で奇術を見る機会は殆ど無く、テレビで見ることも稀でしたので、当日の観客に大きな感動を与えることができ大好評でした。翌年からは名大祭実行委員会からぜひ出演してほしいとの声が掛かるようになり、時間も日曜日の午後という良い時間帯に定着しました。我々も苦労した甲斐があり、観客に大いに楽しんでもらえた事は至上の喜びであり、感激もひとしおでした。
 

第一回名大祭のパンフレット

第1回名大祭のパンフレット (表紙と紹介文)

 

 

手品全般に精通していらっしゃる伊藤氏のことを、私たち後輩は尊敬の念をこめて「伊藤先生」と呼んでいます。特に、日本における鳩出しの発展に大きく関わっており、発表会の前には指導に来てくださいます。その際に、ほかの道具の実演を見せていただくこともありますが、70歳を過ぎた今でも手さばきは健在で、舌を巻くばかりです。

創設にかかわった医学部の先輩も、卒業後、とあるカードマジックの解説書の翻訳を手がけました。B5判で500ページ以上におよぶ大作ですが、名著の訳本ということで、日本中のマジシャンが愛読しています。

その後も、奇術研は、マジック用品メーカーの開発者や峯村さんをはじめとするプロマジシャンを輩出しながら、今に至ります。

 

さて、来週の土曜日に第51回発表会が中村文化小劇場にて開催されます。皆様お誘いあわせの上ぜひお越しください!! (ちなみに下のポスターは、以前紹介したスケッチの作者に描いてもらいました。)

 
第51回発表会ポスター
名古屋大学奇術研究会 第51回 発表会
2016年11月19日(土)
昼の部: 開演 13:00 開場 12:30
夜の部: 開演 18:00 開場 17:30

場所:  中村文化小劇場
 ・地下鉄東山線「中村公園」下車 3番出口より北へ徒歩10分
 ・市バス「豊国神社」下車すぐ

◆お願い◆
・ 会場内での飲食、喫煙はご遠慮ください。
・ 公共交通機関をご利用ください。
・ 演技中の写真撮影、ビデオ撮影はご遠慮ください。


サークルホームページは 
こちら
発表会についてのお問い合わせはこちらまで nagoya_u_magic@yahoo.co.jp