受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

サークル紹介

西医体・医学部ゴルフ部

こんにちは。医学部5年の佐井です。夏休みが近づいてきましたね。高校までの夏休みといえば7月半ばから9月初めまでの1か月強ですが、大学の夏休みは長いですよ。なんと、8月9月まるまる2か月です!(ただし低学年に限る)それでも4、5、6年も8月の1か月間は休みになっています。

さて、夏休みといえば運動部に所属している人にとっては、インターハイや甲子園など大事な大会が控えている季節でもあることでしょう。医学部の運動部員にとってもそれは同じで、夏は大会の季節です。なかには、一般の学生や社会人の大会に出る人もいますが、それとは別に「西医体」とよばれる大会があり、多くの医学部生が参加するのはこちらの大会です。今回は、この「西医体」と私が所属する医学部ゴルフ部について書いていきます。

 

大学の部活やサークルって...?

高校までの部活といえば、練習メニューや場所、スケジュール等が決められていて、大会のエントリーや、必要経費の計算等は、一部生徒に任されている場合もあるかもしれませんが、ほとんど顧問の先生がやってくださっていると思います。ところが、大学の場合は違います。部活ならば顧問の先生はいると思いますが、サークルの場合はいたりいなかったりで、なにより運営は学生自身が行っています。各団体それぞれの普段の活動の運営はもちろん、大会の運営をする際には、他大学の団体と連絡を取り合い、共同して行うのでなかなか大変です。

もちろん自由だからこそ楽しいという面もあるのですが、運営を担当した年は、「中学高校の頃は先生たちが生徒たちのために苦労してくれていたんだな」ということを実感する1年でした。とはいえ、入部・入会したての頃はそんなこと気にしなくていいので、好きな部活・サークルを選んでくださいね!

 

西医体

西医体は西日本医科学生体育大会の略で通称ニシイタイです。ちなみに東日本は東医体でトウイタイと呼びます(なぜか東西で読み方が違う)。東西の境目は、富山大、浜松医大が西側で信州大が東側です。国公立・私立を問わず、医学部医学科生が参加する大会で競技種目は以下の通りです。青字が名大にある運動部で、昨年は、水泳(男子)が優勝、弓道(男子)が準優勝をおさめました。各競技とも上位入賞者は一般の大会でも通用するような記録を出していて、本当にすごいと思います。

 

テニス ソフトテニス バドミントン 卓球

サッカー 準硬式野球 バスケットボール バレーボール

ハンドボール ゴルフ ラグビー

柔道 剣道 弓道 空手道 合気道 

ボート ヨット 水泳 陸上競技 スキー(もちろん冬です 3月に行われます)

 

今年で68回目を迎える西医体は西日本の44の医学部を、「東海・北陸」「近畿」「中国・四国」「九州・沖縄」の4ブロックに分け、1年ずつ順番に各ブロックから運営を担当する大学(主管校)を選出します。4年で一巡するので、在学中に一度は自分の地域で大会が開催されるというわけです。主管の方はというと、およそ40年に一度しか回ってきませんので、在学中に主管に当たるのはなかなか稀なことだといえるでしょう。名大は2010年の62回で主管を務めましたので、次にまわってくるのは、2050年頃でしょうか...?

 

名古屋大学医学部ゴルフ部

ということで、西医体での入賞そして優勝を目指して医学科1年から6年まであわせて40名(うち11名が女子)の部員で活動しています。西医体は医学科生限定ですが、保健学科の学生が参加できる大会もあります。練習は週3回、月水金の夕方に、市内の練習場で行い、月に1回ゴルフコースでプレーしています。お金の面が気になるところですが、確かにある程度かかるものの、学生ということで安くしていただいているので、他の競技とあまり差はないように感じます。また、コースのキャディや練習場のバイトをしている部員もおり、そういった場合だと施設を無料で利用できるようです。

様々なところで開催される大会には、選手として、あるいは応援として参加しますので、西日本各地を巡る小旅行のようで楽しいものです。今年の西医体は徳島で、自分としては初めての四国上陸ということで今から楽しみです!

 

2015西医体 ティーショット

 選手と応援団

 

年をとっても...

ゴルフは年齢関係なく続けられるスポーツです。年をとれば飛距離はもちろん落ちますが、小技がうまくなって、若い頃よりいいスコアが出ることもあります。年に一度、OBの先生を交えてプレーする機会もありますが、現役部員といい勝負(というか現役が圧され気味...)をしています。病院勤めだとなかなか時間を作るのは難しいでしょうが、卒業しても続けていきたいですね。

 

医学部の部活と全学のサークル両方に入って思うこと

医学科の学生のほとんどは医学部の部活に入ります。文化部もありますが、運動部に所属する人の方が多く、両方を兼部する人もいます。実習先の病院で出会う先生にも「今年の西医体はどうだった?」と聞かれるぐらい医学部の運動部に所属することは医師の中ではあたりまえになっていて、年の離れた先生でも部活をきっかけに話をすることができるくらいです。学生時代は試験の傾向を先輩から教えてもらったり、教科書を貸してもらったりと、タテのつながりが強いのが医学部の部活の特長です。大会を通じて他大学の医学科と交流することもできます。

ただ、私個人としては、名古屋大学という総合大学ならではの良さは全学の部活やサークルだと思っています。いろんなバックグラウンドを持った人とのつながりは、働き始めてからだとなかなか作れないように思います。結局のところ、医学科の学生のほとんどは医学部の部活に所属するので、これを読んでいただいている医学科志望の人くらいは「全学の部活やサークルも候補にいれてほしい」というのが私の思いです。最終的にどちらに入るかは、各人の意思ですし、どちらもいい面はあります。もし、医学部の部活で迷ったら、ゴルフ部を訪ねてみてくださいね!