受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

サークル紹介

名大祭1・2年生実行委員会

名大には中学・高校のときのようにクラスの概念があります。そのクラスの顔合わせのときにクラスのリーダーは誰が担当するか、学祭の実行委員は誰が担当するか等を決めます。ですが、クラスという概念が機能するのは入学後のクラス写真コンテストと5月に名大祭実行委員会が主催する仮装行列というイベントのみで、それ以降クラスでまとまって授業を受けたりすることはほとんどありません。学祭についても6月と11月の計2回ありますが、どちらの学祭でもクラスで出し物をしたりすることはありません。ですから、クラスはあってないようなものなので、大学に入ってからはサークルや部活など何かしらのコミュニティーに入っておかないとあまり友達と交流する機会はありません。大学の授業では言語やゼミナールのような少人数制の授業だけでなく、200~300人単位で受ける講義もあるので、そういった講義を通して人間関係を築くのは難しいです。講義で得られるものも大きいかもしれませんが、皆さんには課外活動にも力を入れてほしいです。

 

大学入学時は部活・サークル選びに頭を悩ませると思いますが、基本的に自分がやりたいことをやっているサークルに入ればいいと思います。体育会系の部活は就職活動に有利だから、このサークルは就職活動に強いからなど就職活動を意識して入る必要はないです。自分の場合、学祭の運営に本格的に関わりたかったので実行委員会に所属しようと思いました。そのほか「活動の参加が自由参加かどうか」、「活動に参加する際に交通費がかかるかどうか」といった点に留意しました。また、サークルによっては他大学との交流が盛んなところもあるので、そういったところも調べておくといいかもしれないです。

 

 

学祭の実行委員会では企画がいくつか別れており、その企画のもとで学祭の運営に貢献していくという形になっています。企画の種類は多く、模擬店を出したり、射的や輪投げなど子供たちが楽しめる縁日や大学構内を回るスタンプラリー、名大の実態を知ってもらうフリーペーパーの配布など多岐にわたっています。実行委員会に所属していると学部の垣根を越えた交流ができるので、楽しいです。サークルと異なり、学祭の運営に携わりたい人だけが集まるのではなく、全学部の各クラスの学生から選ぶ方式なので、全学部の学生と交流ができます。名大祭の実行委員は名大祭の運営以外では8月末に名古屋市で3日間に渡って行われる「日本ど真ん中祭り」(通称どまつり)の運営にも携わっています。どまつりの運営には名大祭実行委員会だけでなく、他の大学のサークルや社会人も関わっています。