受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

学生からみた授業

名大の英語~特別英語セミナー~

皆さんこんにちは。文学部人文学科言語学専攻2年の猿山綾乃です。

今回は全学教育科目の「特別英語セミナー」について紹介したいと思います。特別英語セミナー以外の英語の授業に関してはこちらをご覧ください。http://jukensei.jimu.nagoya-u.ac.jp/voice/class/post_180.html

2020年度春学期は開講されませんが、今後開講されていくと思うので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

 

1. そもそも特別英語セミナーって何?

特別英語セミナーは全学教育科目の言語文化にあたる科目です。しかし、「特別」という名前の通り、受講は希望者のみです。しかも全員が受講できるわけではなく、受講するのには一定の英語スコアを持っていることが条件になります。入学時や12月に受験するTOEFL ITPや、個人で受験したTOEFL iBT、IELTS、TOEICが有効です。

必要なスコアは以下です。(2020年4月現在)

TOEFL ITP・・・515以上

TOEFL iBT・・・67以上

TOEIC・・・630以上

IELTS・・・5.5以上

 

コラム ~資格試験の英語~

大学生になると資格試験の英語を受験する方も多いのではないでしょうか。しかし高校生にとっては一番慣れ親しんでいる英検(実用英語技能検定)は大学生にとってあまり使える資格ではありません。(もちろん持っていて損はしませんが。)そのため大学で入学時と12月に受験するTOEFL ITPが必要になります。しかしこのテストだけで満足いく結果が出るとは限りません。そのため留学や大学院入試にも有効な英語学部試験を受験することをお勧めします。試験によって問題のレベルが異なりますし、試験の実施形態が異なるので自分に合ったものを受験することをお勧めします。パソコンで受験可能なのでタイピングが得意な方はTOEFL iBTを、慣れた紙の形式での筆記と対面でスピーキング試験を受験したい方はIELTS、値段が安く大学生協から申し込みが可能なTOEICがあります。また名古屋大学から協定大学に長期で留学に行く際は、TOEFL iBTかIELTSで一定のスコアを取ることが必要になります。

 

2. どんな授業をするの?

皆さんが気になる授業の内容ですが、特別英語セミナーは授業によってやることが全く違います。私が受講した昨年度はリーディング、ライティング、プレゼンテーションがありました。それぞれネイティブの先生がすべて英語で教えてくれる授業です。

今回は私が受講したプレゼンテーションの特別英語セミナーを紹介します。

 

〇プレゼンテーションの授業

プレゼンテーションの特別英語セミナーは超少人数授業でした。第1回の授業には7人ほど学生がいましたが、最終的に授業を受けきった(途中で履修取り下げをしなかった)のは4人だけでした。教授1人に対し4人の学生という授業は学部1年生のころはほとんどなかったのでとても新鮮でした。

このように聞くとハードルが高い授業のように思ってしまうかもしれません。しかし実際はそんなことはなく、楽しい雰囲気の授業です。例えば、プレゼンテーションに必要なジェスチャーの練習をしたり、効果的なスライド作成のために必要な記号について学んだりしました。例えばジェスチャーの回では、全員の前に出て、increaseやdeclineのジェスチャーをやりました。ただジェスチャーをやるだけではなく、声の調子をどうすればよいのか、表情はどのようにすると伝わるのかなどを学びました。また少人数の授業ならではですが、受講している学生全員で前に出て、マインドマップを書きました。

それでは具体的なプレゼンテーションの中身に入りたいと思います。私の受けた授業では、自分の専門分野や興味のある分野についてのプレゼンテーションを3回しました。全学教育科目なので他学部の学生と授業を受けることができて、他学部がどのような研究をしているのかを知ることができました。例えば私の受けた授業は、工学部、農学部、文学部(私)という学部を超えたクラス編成だったので、それぞれの専門について話を聞いた際、全く知らなかったことを知ることが出来たり、自分とは異なる考え方をしている学生から自分のプレゼンに対するフィードバックをいただいた際、自分では気づかなかった点に気付いたり、他分野を専門としているからこそ気付ける点もあると思うので、興味深かったです。

最初のころの私はとても人前で披露できるようなプレゼンテーションではありませんでした。しかしこの授業を通して、英語力はもちろんプレゼンテーションスキルが上がったと思います。1回目は声の調子、2回目はジェスチャー、3回目はプレゼンテーションのスライドなど毎回着目する点が違い、プレゼンテーションをする際に、何に注意して作ればよいのかを学ぶことができました。今もそこまでプレゼンテーションが得意、というわけではありませんが、少なくともこの授業を受ける前よりは確実にプレゼンテーションスキルが上がったと思います。

 

ここで私が実際にしたプレゼンテーションを紹介します。1回目は私の専攻である言語学の分野から、消滅の危機に瀕している言語についてプレゼンテーションしました。ほかの学生が全員理系だったので、言語学が専門以外の学生にも伝わるようにわかりやすく、適切な英語表現を使うことが難しかったです。自分の専門分野だと特にですが、専門用語を使いがちです。しかしプレゼンテーションを聞く人はその道の専門家だけではありません。他の専門の人にも伝わりやすくするにはどうすればよいのかをこの授業を通して知ることができました。

全学教育科目の英語基礎や英語コミュニケーションでもプレゼンテーションをすることはありますが、こちらの場合同じ授業を受ける学生はみな同じ学部学科や近い学部(文系でしたら文系でまとめて授業を受けます)なので、プレゼンテーションをする際に基礎的な事前知識を共有している場合がほとんどです。そのためある程度専門用語を使っても、ほとんどの場合理解されますし、プレゼンテーションの内容もかぶってしまうことが多々あります。(実際に私の受けた英語コミュニケーションの授業では、香川県のゲーム禁止条例に関するプレゼンテーションをした学生が複数人いました。)

 

3. 最後に

以上が私の受けた特別英語セミナーに関する紹介でした。高校までの英語の授業とは大きく異なると思います。

大学に入っても英語は必要ですし、受験生のうちから英語力を高めていくことが必要になります。受験生の皆さん、英語は大切ですので今のうちからきちんと勉強しておきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。