受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Voice

学生からみた授業

廣瀬くんから見た授業-1年生を振り返って(後期の授業・テスト編)

皆さんこんにちは!理学部数理学科2年の廣瀬です。4月になり一気に気候も春めき、桜の木々も満開を通り越しもう散り始めていますね。外を歩けば歩く人々の服も薄手のトレーナーやシャツが多く、季節の移り変わりを感じます。

今回は新年度最初の記事となりました。私は理学部に所属しているのですが、1年生の間は学科に分かれず全員で共通の講義を受講することで広く理学の教養を身に付け、2年次から各学科(物理学科・化学科・生命理学科・地球惑星科学科・数理学科の5学科)に分属されます。その分属にあたり、各学科に受け入れできる人数が決まっており、その定員を超えた学科については成績などで選考されるので必ずしも全員が希望する学科に分属されるとは限りません。私は1年次の早くから数理学科に進みたいと考えていたので、特に数理学科の選考の際に考慮される数学系の科目は頑張っていい成績を取れるように勉強してきましたが、実際に分属されるまでは本当に数理学科に進めるか不安もありました。結果は今年は数理学科への分属希望者が定員を下回ったため、希望者は全員数理学科に進めました(年によっては数理学科の定員55人に対し70人が志望していたりと、各学科の人気は年によってばらつきはあります。1番人気のある学科は化学科で今年は50人の定員に対し68人が志望していました)。しかし1年の間はあまり神経質にはならなくてもいいが手を抜いて悪い成績を取ってしまったら数理学科に進めないかもしれない、というほどよい緊張感で学習を進められ、この成果は2年次以降の数理学科としてより専門的になる数学の学びにあらわれてくると思います。これからは数理学科の一員として読者のみなさんに興味を持ってもらえるような数学のトピックも発信していければ、と思っています。さてここからは前回の記事の続きとして、1年後期の授業・テストを振り返りたいと思います。

 

受けてきた講義

数学

後期で私は理系科目は数学のみを受けました。卒業に必要な単位の数や、進級に必要な科目の種類が学科毎で異なるので1年の間から自分の行きたい学科の卒業・必要単位要件と自分の受講する科目を照らし合わせて考える必要があります。そのため化学科志望の人は時間割が化学の講義・実験で埋め尽くされていたり、物理学科志望の人は物理も数学も両方取る必要があったり、学部が共通でも人によって時間割は少し異なります(2年次、学科が分かれるとほとんど他学科と同じ科目を受講することはないので1年次が1番多くの人と講義室で会うことは確実ですが)。そのため私は数学以外で必要な理系科目は前期のうちに取り終え、後期は数学に集中できるような時間割になりました。しかし数学は前期の続きの内容をより深く学んでいくので、前期の数学のテストでも苦労していた私にとって後期の内容はなかなか歯ごたえがあり、難しかったです。

 

言語科目

前回の記事で書いたように、私は第2外国語はスペイン語を選択しました。第2外国語はどの言語でも前期・後期の1年間を通じて基礎的な文法を連続して学ぶので、数学と同様に前期の内容が身についてないと後期で苦労します。私も前期の内容は期末テストで整理できたはずでしたが夏休みの2か月間、スペイン語に全く触れていないと初歩的な文法もすっかり忘れてしまい大変でした。私が受講した講義では、まずその章で学ぶ文法事項を解説してもらい、その文法が用いられた教科書の例文を事前に日本語に訳しておきそれを発表し、間違っていれば先生に訂正してもらう形式で進んでいくのですが、当然例文にはそれ以前に学んだ文法事項も含まれるので、前に習ったことを忘れてしまうとその文法事項が書かれた章に戻らなければならなくなったり、何が分からないのかも分からずどの章に戻るべきか教科書をめくって探したり、講義が進み扱う文法事項が増えるにつれ授業の予習も骨が折れました。1年を通じ、日常会話くらいはできる知識は身についたと思うので、あとはこれからも少しずつ復習してとっさにスペイン語が必要な場面で簡単な会話ができるくらいの力は維持していきたいです。手始めにスペイン語検定の取得を目指し、知識をブラッシュアップしていきたいな、と模索しています。

 

教養科目

後期で一番印象に残った講義は「教育と発達の心理」という文系教養科目です。この講義は中学・高校でのテストを題材に、正確に評価するための統計手法や作題方法を学びました。課題が独特で、期末レポートの内容は高校の知識で解答できる問題を選択式・短答式でそれぞれ作題し、それを講義やグループディスカッションで得た知識や観点から本当にその問題が日本全国の中学生の学力を測るのに適切かを考察するものでした。私は教員免許を取得したいと考えるほど教員という職業には興味があったのでこの講義を受講したのですが、学力の正当な評価に必要な統計・作題の知識をこの講義で初めて体系的に学び、考察することができ、教職に対する興味をさらに深められたと思います。

 

教職科目

前にも書きましたが私は数学の教員免許を取得したいと考えています。そのためには3年までの間に所定の講義(教職科目)を受講し単位を取得し、4年次の教育実習に参加しなければなりません(実際に教員として働くためには教員免許を取得したうえで、各自治体や学校が主催する教員採用試験に合格する必要があります)。教職科目の数は多く、1年後期から3年後期に渡って、教職科目を取らない場合と比べて学期あたり3~4コマ多く、さらに夏休みには集中講義も加わり、負担は大きいです。さらに教職科目は大抵は5限に組み込まれるので帰りが遅くなり、冬は5限が終わると外も真っ暗になり、なかなか大変です。しかし講義は教員を志す人には興味深い内容のものが多く、特に面白かったのは前の記事でもふれた「教育方法論」です。この講義で心理学への興味が深まり、春休みの間に心理学の入門書を図書館から借りて読むほど、心理学の楽しさに気付けました。

 

テスト

講義によって成績のつけ方は多様です。日頃の受講態度や課題の出来で決まる科目、それらに加え学期末に大きな課題かテストを課し、それが大きなウエイトを占める科目、といろいろありますが期末テストの実施方法にもその科目の色が出てきます。事前に問題が知らせられるかどうか(知らせられる場合というのは例えば「この講義を通じてあなたが成長したところを2000字程度で論じなさい」など試験時間内だけでは解答がまとめられないような論述試験などです。事前に解答を練られる分、性質としてはテストの中でもレポート寄りです)や、教科書やノートなど、教材の持ち込みが可能かどうか、などです。私は後期で初めて「日本国憲法」の科目で持ち込み可能の試験を受けたのですが、持ち込めるのが自筆のノートと小型の六法のみだったので試験範囲の教科書や配布されたプリントの内容をまとめるのがなかなか大変でした。結局まとめるのにキャンパスノート半分を要する分量を前日に慌てて書いたので試験に臨むころには右手が痛いほどでした。前期で一番苦労した数学の試験は持ち込みができないのでとにかく問題をたくさん解き、公式や定理を頭に叩き込みました。前期では、公式や定理の導出や証明に学習時間の多くを割きすぎ、それらを活用した問題が解けないという失敗をしたので、後期では問題演習に多くの時間を割き、テストの出来も前期より良かったと思います。

以上、私の1年後期の授業・テストを振り返ってみました。次回は寮生活の1年間を振り返る記事を書かせていただきたいな、と思っています。