受験生のための名古屋大学発見サイト

名古屋大学ロゴ

アクセスキャンパスマップNU-Cheersスタッフ募集

Blog

平子真里絵

環境学研究科社会環境学専攻心理学講座博士前期課程2年生(2017.4現在)
出身地: 愛知県

2016/12/10

名古屋大学博物館コンサートに行ってきました!

こんにちは、環境学研究科 平子 真里絵です。

今回は、12月10日(土)に名古屋大学博物館で行われた、

博物館コンサートNUMCo 「フルート・トリオが贈るクリスマスコンサート」

の様子についてお伝えしたいと思います。

 

名古屋大学博物館

 

フルート演奏の様子 

 

フルートを演奏されたのは、辺見亜矢さん、日置智美さん、朝倉ゆきさんの3名の演奏家の方々。

ソロ演奏とはまた違った、トリオ演奏の良さを感じてもらえたら、とおっしゃっていました。

 

休日ということもあり、多くのお客様でにぎわっていて、1階はもちろん、2階席まで埋め尽くされていました。小さなお子様からご年配の方まで、年齢層も様々でした。

 

曲目は、

・カステレード:フルート吹きの休日より 第4楽章《軽快な笛吹き》

・チャイコフスキー:くるみ割り人形メドレー

・クーラウ:フルート三重奏曲 ト短調 Op.13 No.2

・井関るみ(編曲):四季の彩り~3本のフルートで奏でる日本の歌メドレー

・アルビージ:小組曲第2番より《泉》

・井関るみ(編曲):クリスマス・キャロル メドレー

・ダマーズ:田園組曲

と、盛りだくさんでした!

 

クリスマスの定番、くるみ割り人形はもちろん、アルビージの《泉》では、イタリアの噴水の水しぶきが上がる様子が、フルートで巧に表現されていて、引き込まれました。

クリスマス・キャロルメドレーは、「荒野の果てに」「もろびとこぞりて」などを聞くことができ、クリスマスの訪れを実感しました。

日本の四季の歌メドレーでは、「春がきた」「茶摘み」「浜辺の歌」「うさぎ」「ふるさと」など、なじみ深い曲を楽しむことができました!

 

 トーク中の様子

↑演奏の合間には、曲目の解説などをして下さいました。

 

フルート三重奏のコンサートに行くのは初めてだったのですが、高音のハーモニーが本当に綺麗で、魅了されました。

アンコールには、「きよしこの夜」も演奏され、大盛況のうちに幕を閉じました。

 

フルート演奏の様子2

 

名古屋大学博物館でのコンサートは、66回も続いているとのこと。

次回は2月11日(土)に、ソネットによる「ミュージックベルの調べ」が開催されるそうです。みなさん、博物館の展示を楽しみつつ、音楽の良さに触れてみませんか。

 

また、12月22日(木)には、名大の豊田講堂にて、「Campus Concert」が開催されます。2名のピアニストによる、ショパンの「バラード第1番」やチャイコフスキーの「くるみ割り人形」、スメタナの「『わが祖国』より モルダウ」などの演奏を聴くことができますよ!

詳しくはこちら↓
http://www.nagoya-u.ac.jp/event/upload_images/a17b33a1abd348f172b5ac87faa0e978.pdf

 

コンサートは入場無料。高校生の皆さんも、名古屋大学に足を運ぶチャンスです。

クリスマスが近づくこの時期に、名古屋大学で音楽を楽しみましょう!

10

Dec

2016

Dec 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31